So-net無料ブログ作成

水割りグラス [glas]


ビスケグラスをUP。

IMG_2981.JPG


ブルー地に珍しい黒の色被せガラスに
デフォルメしたビスケを削りました。


IMG_2979.JPG


グラスとしての大きさが程良くて使い易いので
私の水割りグラスとして使っています。


IMG_2980.JPG


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

大皿(カサブランカ) [glas]


毎日、ギズ子のお供えに百合の花を飾っていたのですが
ガラスに掘りましたー。


IMG_1021.JPG


お皿は裏面を削るので『逆段彫り』といって少し面倒なのです。
逆段には花びらの枚数が少な目の大ぶりの花が向きます。


IMG_1024.JPG


空間を残してあっさり仕上げたので、普段使いにいいかもです。


IMG_1028.JPG





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

影絵文様猫柄大皿 [glas]


このところ仕事とガラス削りでいっぱいいっぱいです。
園長先生も子守でぐったり。


IMG_0938.JPG


元気なのは園児だけ。


IMG_0925.JPG


毎朝、出勤前の私のメイク姿に興味をそそられるらしく
出掛けの一分一秒を争う時に
一緒になって手鏡を覗き込んだり、マスカラやリップを
ころころと転がしたりしています。


IMG_0948.JPG


今日はひとつ作品が仕上がりました。


IMG_0949.JPG



少しオリエンタルな猫柄の深鉢というか、大皿です。


IMG_0950.JPG


江戸前の切り子ガラスと違い、中国産のガラスなので品質が不安定で
気泡が入っていたり、色むらがあったり、初めから疵が付いていたり・・・
削るのに苦労しました。


IMG_0951.JPG


お皿ですので飾った時や使用時の柄はこっち向きになります☆


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

オールドグラス(フラミンゴ&キーウィ) [glas]


2号機完成しました。


IMG_0271.JPG


削ってみたら綺麗なイスカンダルブルーが発色。
うーむ。別の柄を削ったほうがいかったかも・・・
少々ガラスがもったいなかったかな。


IMG_0270.JPG


キーウィ側に地模様を彫ってみました。


IMG_0272.JPG


そだそだ、こんなことよりも・・・一大事が。
とちめんぼう様情報で知ったのですが
あの 総統閣下の グラスが 
ついに販売されることになったそうです。


CGD-4226.jpg
宇宙戦艦ヤマト 【デスラーグラス】(予約商品10月発売)定価15,540円


↓総統が手にとっておられるガミラスの造形美の粋を極めたグラスです。

516heQT-B7L__SL160_AA160_.jpg


総統閣下は戦闘中にさっくりとグラスを割っておしまいになられるのですが
結構お高いんですね(リラじゃなくて円なの)
さすがですわ、総統。

このデスラーグラスで「デスラー襲撃」のテーマを聞きながら
デスラーワインの最後の1本をひとりじっくりと飲む・・・
今年のクリスマスはこれで決まりだわ。←いいのか?クリスマスにそんなことで



nice!(0)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

ロックグラス(フラミンゴ&キーウィ) [glas]


こんなのできました。


IMG_0210.JPG


ピンク×紫の色被せガラスにフラミンゴとキーウィを彫ってみました。


IMG_0208.JPG


向きを変えるとこんな感じ。


IMG_0223.JPG


何故、フラミンゴとキーウィかといいますと、単に好きなんです(笑)
以前TVでフラミンゴの特集を見て涙しました。
フラミンゴって一夫一婦制で、最期まで配偶者を看取るんですよ。
ちなみにフラミンゴとはラテン語で「炎」を意味し、
時に『世界一不美味い鳥』と言われているそうですが
現在ではワシントン条約で保護されているため
一般現代人に味の真偽を知る術はないそうです。


IMG_0204.JPG


これは試作品というか初号機なので、さらに葉っぱの地模様を入れて改良し
製品版として生産に取り掛かります。



マオリ族に伝わる『キーウィの寓話』

ある日、森の王タネ・マフタは森の中を歩いていて気がつきました。
彼の子供たちである木々や草花はとても病んでいるかのようです。
地面で暮らす虫たちによって喰い散らかされていたからなのでした。
あまりにもその様子が深刻そうであったため、
彼は兄であり 空の王であったタネ・ホカホカに
このことについて相談をしました。
「このままでは森が死んでしまいます」と。

これを聞いた空の王は、空に住む鳥たちを一堂に集め、
地上に降りて虫を食べて森林を守ってくる鳥を募りました。
しかし、どの鳥たちもいろんな口実をつけては断ろうとするのです。
そこで困った王はキーウィに頼みました。
するとキーウィは王の要請に応じたのです。「わたくしが参ります」と。

250px-Kiwifugl.jpg

森の王と空の王はこれにとても喜びました。
そこで、彼らはキーウィに確認をしました。
もともとキーウィは非常に美しい羽毛と翼を持っていたのです。
しかし、地上で暮らすにはその翼を失い、強靭な脚をもつ必要があり、
羽毛も土気色になってしまうでしょう・・・。
それでもキーウィは「参ります」と言いました。
これに対し空の王は次のように述べました。
「君の大いなる犠牲によって、君は森の中で最も愛される鳥となるだろう」

こうして、キーウィは今のような姿となり、王の要請に応じなかった鳥たちは
それぞれ罰を受けることになったのです。

(出典:Wikipediaより 蝙蝠猫が一部編集)


くくぅ~ ええ話やないかい


nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

タンブラー(蘭) [glas]


地球連邦コアラ副大統領のご母堂への贈り物という事で受注。

琥珀にグリーンの色被せガラスに蘭を掘りました。


IMG_1399.JPG


特にリクエストのない時は、季節にあまり左右されない花を彫る事にしています。
多いのは薔薇とか蘭とか百合とか・・・
紫陽花とかシクラメン等は使う季節が限定されてしまいそうなので。


IMG_1397.JPG


写真では見えませんが、お名前入りです。


IMG_1400.JPG


蘭は芍薬や薔薇より段掘りの回数が少なくて楽なのですが
被せガラスの色が薄くて思いの外苦戦しました。
琥珀っていうより黄色ですものね・・・


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

タンブラー(オールドローズ) [glas]



匣を開けるとそこには・・・魍魎が

IMG_1392.JPG

じゃなくて

IMG_1393.JPG

以前UPした芍薬柄タンブラーの姉妹品です。
芍薬柄は奥様用、このオールドローズ柄はご主人様用とのことです。

IMG_1394.JPG

お屋敷でかわいがってもらえますように。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

シャンパングラス(チーター) [glas]


仕上り期日指定のグラスがひとつ完成しました。

実はこのグラスはィトンの新作発表パーチーの乾杯に使われる
シャンパングラス・・・のアウトレット品なのです。


「それにおねいちゃんが手を下すと美豚になるんでちね」
IMG_1223.JPG
「・・・[むかっ(怒り)]・・・」


えー・・・そのグラスをアトリエのコネクションで何個かゲット。
最近はフルートグラスではなくこういうのでシャンパンを飲むんですな。
これに猫科の動物を掘ります。
シートにチーターを転写してグラスにバランスをみて貼ります。


IMG_1224.JPG


シートのラインに沿ってカッターでカットを入れます。
ここまでは自宅で出来る作業です。
キル君いいコにしててねー。


IMG_1225.JPG


サンドブラストマシンでガラスを削ります。
チーター柄を艶で残す為、周囲を擦りガラス状にします。
このガラスは硬くて削るのに思いの外手こずりました。


IMG_1228.JPG


シートを丁寧に剥がします。


IMG_1229.JPG


剥がしたらいちど水洗いし、薬品を塗り、よく磨きます。


IMG_1231.JPG


じゃーん! 完成です。


IMG_1257.JPG


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

タンブラー(芍薬) [glas]


〆切りのある注文が入ったので、ここ数日アトリエに入り浸り。
ブログの更新ができませんでした。

この色被せガラス(紫を削ると琥珀色が出てきます)に
今回は花とプレゼントされる方のお名前を彫ります。
IMG_1193.JPG


専用シートに型紙をとります。
IMG_1192.JPG


一般受けのよい芍薬を彫ることにしました。
IMG_1194.JPG


シートを貼って一葉ずつ手でカットしていきます。
IMG_1195.JPG


静かで孤独な作業が続きます。ギズモはおりこうさんです。
IMG_1196.JPG


カットが全て終わったらこのサンドブラストマシンで段彫りをしてゆきます。
IMG_1204.JPG


花の周囲を色抜きしたところです。
IMG_1198.JPG


遠近感をつけて葉脈、花びらなど削ってゆきます。
IMG_1203.JPG


シリコンの白い砂の圧で削ります。砂まみれになります。
IMG_1205.JPG


プレゼントされる方のお名前はつや残しして完成です。
IMG_1206.JPG


ふー。気に入っていただけるといいなあ。
IMG_1207.JPG


打ち上げでガラス仲間と焼き肉してきました。
IMG_1209.JPG


米沢牛専門の焼き肉店で、ハーブ焼きがウマウマでした。
IMG_1208.JPG


このところ低空飛行なのですが、週明けからまた頑張りたいと思います。



nice!(0)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

旅するガラス [glas]


この数日間、サンドブラストの製作に追われて、目がしょぼしょぼ・・・
十数年前から始めたサンドブラストですが、
この度、海外出張される方からお土産にしたいというご要望が。


だいたいの手順としては、このような色被せガラス素材を
用途と柄行と色合いを考えながら選びます。
IMG_0528.JPG
お酒好きな外国人に差し上げるとの事でお猪口にしました。


今回は外国の方受けのよい桜の花びら柄を彫ります。
IMG_0529.JPG
柄を粘着シートにコピーし・・・


花びら1枚ずつ、極細カッターでカットしていきます。
IMG_0578.JPG
忍耐です。


アトリエのサンドブラストマシンを借りてシリコンの砂で削ってゆきます。
IMG_0530.JPG
このグリーンのお猪口はクリスタル入りなため
硬くて削るのになかなか時間がかかりました。


通常、私の扱うガラスはクリスタルは含有されてません。
いつも扱ってる江戸切子用のガラスはこんな感じです。
IMG_0579.JPG
これは赤を削ると薄ピンクが出てくる色被せです。

ちなみにこちらの赤×薄ピンクのお猪口と
クリスタルグリーンのお猪口は上海にお嫁入りします。

私は猫の世話で海外旅行など夢のまた夢となってしまいましたが
このように私の作ったガラスが世界を旅してくれるかと思うと
ものづくりって面白いですね。



nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。