So-net無料ブログ作成

ご報告~さようなら キルア [猫]


皆様お久しぶりです。
訃報がございますので、こういうのが苦手な方はスルーして下さいませ。

かねてから療養中だったキルアが
8月26日 午後11:55 
眠るように静かに私の腕の中で亡くなりました。
この子の性格にふさわしい最期だったと思います。


IMG_7752.JPG


暫くしたら生き返るかなあと思いましたが
やっぱり生き返りませんでした。

28日に移動火葬車を呼びマンションの敷地内で荼毘にふしました。
6年前のギズモの時同様ペットメモリアル東京さん
今回もお願いしましたら、その時と同じ担当者が来てくれました。


IMG_7747.JPG


15歳3ヶ月・・・生後5ヶ月越えで我が家にやってきましたので
14年と10ヶ月程共に生きました。


cats1.jpg


元来、体の丈夫な子でしたが
幼猫の頃よりなんとなく両下肢に力がなく
抱っこしてもくたくた人形の様で、
足がたり~んと伸びきっていたものでした。
過去の飼育経験から比べると
体格の割に運動量の少ないおとなしい子でした。


kirua.jpg


猫に多い腎臓病、尿路疾患、乳腺腫瘍、夏期の脱水症にばかり
気を付けて飼育してまいりましたが、まさしく青天の霹靂で
キルアが最期に闘った病気は『神経膠腫』からの脊椎損傷という
何やら人間でも脳神経外科領域の難しい悪性腫瘍でした。


Oil Heater.jpg


当初は加齢による変形性脊椎症では?という診断で
レーザー治療や温パックなどしてたのですが、
今年の春になって下半身麻痺となり
圧迫排尿、便排泄補助の介護が必要となりました。
出来るだけ自宅で今迄通りの生活をさせたく努力致しましたが、
力及ばず残念です。


Green.jpg


キルアの性格を考慮して、大きな病気に罹った場合は
なるべく通院にストレスの掛からない近医受診とし、
おそらくこの子は手術に至るまでの過程で参ってしまうと思い
大学病院でのMRI等の精密検査や手術は致しませんでした。
ですので、神経膠腫、脊椎腫瘍、という病名も
手術や病理検査をした訳ではないので
正式診断名ではないのかもしれませんが。


dinner5.jpg


動物病院でも、診察台の上で私にしがみつき
脱糞してしまう程のビビリで甘えん坊という事で
有名になりました。


ume.jpg


本当はもっともっと18歳、20歳まで長生きして欲しかった・・・
今までの治療方針に悔いはありませんが、
私が仕事を休職するタイミングが遅過ぎて、
もっと一緒に過ごしたかったと悔やまれて仕方ありません。


cat4.JPG


15年前の敬老の日に、隣町から電車に乗ってうちにやって来たので、
せめて何とか9月の敬老の日の連休までは・・・
と思っていたのですが、本当に残念です。


IMG_4336.JPG


亡くなった26日はどうしても非常勤先の仕事が休めず家を空けました。
少し早めに仕事を上がらせてもらいましたが
帰宅した時には痙攣していてほぼ危篤に近い状態でした。
多分私の帰りを待っていたのだろうと思います。


IMG_4563.JPG


痙攣は数時間断続的に続きましたが、
時折、呼吸と意識が落ち着く時がありました。
最後まで何か食べたいという気持ちはあったようです。
単なる生理的現象なのかどうか分かりませんが
キルアは大粒の涙をポロポロこぼしました。
私の声は聞こえていたようです。


IMG_1583.JPG


猫の神経膠腫という病名を聞いてから
自分なりに調べてみたのですが、
圧倒的に少ない病気らしく
検索にHit する記事やブログはほとんどありませんでした。
どういう病気でどんな経過を辿るのか
よく分からなかったというのが本当のところです。


IMG_2257.JPG


全盛期には6kg近かった体重は2,3kgまで減りました。
この病気は最後は脳や視神経にまわり、
私の事も分からなくなってしまうのかもと
思っていましたが、それはありませんでした。
念の為にペット用オムツを付けてみた事もありましたが
いちども失敗する事はなく、最終的には外して過ごさせました。
よく頑張ってくれたと思います。


IMG_4947.JPG


果たして自分の死期を悟ったりはしていたのでしょうか。
野生の勘など、ほぼないような子だったので。
猫は自殺しない。最後まで生きる事を諦めないのだなと教わりました。
発病してから大した痛みがないようだったのだけが救いでした。


IMG_0222.JPG


今迄、誰にも虐められた事がなく誰とも喧嘩した事もなく
「シャーッ!」をした事がありません。
優し過ぎて威嚇の仕方も分からないのだろうなと思いました。
私と猫達だけで物静かに暮らしてきましたので
些細な物音にも驚き、出窓から見えるヘリコプターや
カラスにもビビッていたものです。


IMG_0024.JPG


寒がりでデロンギヒーターとマイヤー毛布が大好きで
夜はひとりで眠れず私にひっ付いて寝ていました。
「おいで」と言うと犬のように駆け寄って来る子で、
こんなに甘えたでかわいい猫はいませんでした。


IMG_0046.JPG


キルアはこの家で2匹の猫と暮らしましたが
写真の整理をしていたら、ビスケのやってきた2009年以降は
2匹が一緒にいる写真ばかりが大量に出て来ました。
よく面倒をみてくれたなあと思います。


IMG_0991.JPG
IMG_1401.JPG
IMG_1597.JPG
IMG_2292.JPG


「おにいしゃん・・・ありがとうなのだ」
IMG_7749.JPG


まだまだ涙は出ますが、
自分の猫が自分より先に逝くのは
正しい事なのだと思うようにしています。
明日からは平常心で仕事に復帰します。
職場関係者がこのブログを目にする事はほぼないと思いますが
無理な頼みをきいてシフトの調整をしてくれた
同僚の方々に心より感謝いたします。


IMG_5765.JPG


そして15年前、私のような者に黒い仔猫を託してくださった隣町のK さん
長生きさせてやれなくて申し訳ありません。
(キルアの同腹の兄弟猫はまだ健在だと伺いました)


IMG_4459.JPG


このブログはギズモとキルアが生きていた頃から始めたもので
もうこれを機に閉じようかとも思ったのですが、
消息を心配してくれる遠方のリアル友人や
励ましてくださった猫友さん達への元気通信として
今後も続けさせて頂く事に致しました。
ビスケもいますしね。
相変わらずの亀更新だと思いますが
どうぞよろしくお願い致します。


キル君 生まれてきてくれてありがとう。


IMG_0034.JPG


おねいちゃんと暮らしてくれてありがとう。


IMG_2358.JPG


おねいちゃんを支えてくれてありがとう。


IMG_3157.JPG


もしも、もしもよかったら・・・
新しい毛皮を着て、またおねいちゃんのところへおいで。




「ブログを見てくれた皆さん」
IMG_2449.JPG


「これからはビスケをよろしくお願いしますね」
IMG_2299.JPG


「皆さん 今までどうもありがとう」
IMG_1984.JPG


「バイバイ」
IMG_2159.JPG



最後まで読んで下さってありがとうございます。
このまま秋へと向かうのでしょうか。
今年の夏は本当に暑かったですね。
どうぞ皆様もお身体ご自愛下さい。    
                        蝙蝠猫

nice!(0)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

nice! 0

コメント 10

torakuro

蝙蝠猫さん、お報せ頂いてありがとうございます。
キル君の事、とても気になっていたので
お別れを言う事ができました。
キル君は本当にいい子でかわいくて大好きでした。
キル君も蝙蝠猫さんが大好きだったんですね、
写真を見るとよくわかります。

私も10歳になる猫を2匹飼っていますが
別れを考えるだけで自分はどうなってしまうんだろうと
思うのですが蝙蝠猫さんの「自分の猫が自分より先に逝くのは
正しい事」という言葉にとてもとても力をもらいました。

ビー君がブログを繋いでくれて嬉しいです。
遡ってキル君にも会いたいですし
蝙蝠猫さんの言葉が聞きたいです。

キル君、たくさんありがとう。

心よりご冥福をお祈りいたします。




by torakuro (2015-09-01 00:16) 

けだま

キルアくん、よく頑張られましたね。
おつかれさまと言ってあげたいけど、
悲しくてまだそんな言葉はでてこないですよね。
蝙蝠猫さんの気持ちを思うと、つらくて胸が苦しいです。

キルアくん、ギズモさんと一緒に、
おねえちゃんとビーくんを見守ってあげてね。

キルアくん、ありがとう。また会おうね。
by けだま (2015-09-01 17:08) 

蝙蝠猫

【torakuro 様】

お悔やみコメントありがとうございます。
キルアも喜んでいると思います。
ブログを書いているといつも膝の上に乗ってきたものです。
ビスケとはまた違う、すべすべでツヤッツヤな手触りでした。
もうあの毛皮を撫で撫でできないと思うと切ないです。

あともういちどはこんな思いをしなければならないのかと思うと苦しいです。
でも生き物と暮らしていたら仕方のない事ですね・・・

これからは、思えばいつもすぐにキルアの魂がそばにいると思い、ビスケと明るく暮らしていこうと思います。

torakuroさんの2匹の猫ちゃん達もお元気で長生きされますように。
コメント本当にありがとうございました。嬉しかったです。



by 蝙蝠猫 (2015-09-01 20:41) 

蝙蝠猫

【けだま様】

夏休み中なのに、お悔やみコメントありがとうございます。
キルア本当に頑張りました。
何をしても悔いは残るもので、あの日に戻ってやり直したいと思う事ばかりです。

我が家はビスケと私だけになりちょっと寂しくなってしまったけど、けだまさんちの猫ちゃん達からブログを通して元気を分けてもらってます。

桃さん、キルアの分まで長生きして下さいね。


by 蝙蝠猫 (2015-09-01 20:53) 

jessica

キルアくん、虹の橋へ旅立たれたのですね。
心よりお悔やみ申し上げます。

ブログでキルアくんの具合が良くないのを読んでいて、心配してました。でも、そんな中、蝙蝠猫さんやビスケくんと暮らしていて、最期も蝙蝠猫さんに抱かれて、ビスケくんもいて、キルアくん、よかった
ね、と、本当に良く蝙蝠猫さん、ケアされていたと思いました。私には出来ないかも、と思ってたりしてました。キルアくんの「おねいしゃん」と始まるブログ、すごく好きでしたよ。

別れはつらいですよね。私も11歳と推定13歳の猫さんがいるのですが、やはり自分が生きてる時に見送ってやりたい、と日々思ってます。
子供の頃、マルチーズ(犬)を飼っていて、2匹とも亡くなる時は、同じ部屋に一緒にいて、ふと見たら亡くなっていた、という経験があります。あの時の悲しみを思い出すと果たして猫さんたちとの別れに耐えられるか、と思ってますが、亡くなった当時はつらかったけど、今は一緒に居て楽しかった時のことばかり思い出して、亡くなってしまったけど、生きていた時と何も変わらないいつも一緒にいるんだ、
と感じてます。

何か自分の思いを延々と書いてしまってごめんなさい。
キルアくんの旅立ちに悲しみでいっぱいになってしまって。

キルアくん、虹の橋から蝙蝠猫さん、ビスケくんを見守ってね。


by jessica (2015-09-07 01:27) 

蝙蝠猫

【Jessica 様】

こんばんは。めっきり肌寒くなってしまいましたね。
そちら地方、台風は大丈夫でしたか?

暑かった今年の夏と共に逝ってしまったキルアですが、この世界での生が終えたと同時に病も終わり、苦しみから解放されたのだと思いたいです。
私もあと少なくとももういちど、こんな思いをしなければならないのかと思うと、胸が押し潰されそうに苦しいです。
それができるだけ遠い未来である事を願いつつ、できる限り残った子を愛してやりたいと思います。

Jessica さんのお家の猫さん達もどうぞ元気で長生きしますように。
コメントどうもありがとうございました。嬉しかったです。

by 蝙蝠猫 (2015-09-09 22:07) 

めうめう猫

毛糸の検索でこちらに伺いました。
まったく関係のない者からのコメントに、不快に思われたらお許し下さい。

可愛らしい愛されにゃんこの写真に、色々読ませていただいたのですが、こちらの記事を目にして涙がこぼれました。
たくさんの写真と文章に深い愛情を感じました。

キルア君もずっと一緒に居たくて頑張ったんでしょうね。
本当にやさしくてかわいい子。
本当にお疲れ様。

蝙蝠猫さん、大切なご家族を亡くされてお辛いでしょうが、
きっとまた会えると信じて、元気を出してくださいね。
ビスケ君も心配しちゃいますし。

心よりご冥福をお祈りいたします。
by めうめう猫 (2015-10-12 02:09) 

蝙蝠猫

【めうめう猫 様】

初めまして。こんにちは。
毛糸の検索でいらしてくださったとの事なのに、最近はあまり編み物ネタもなく、こんなしょうもないブログで申し訳ない事です。

キルアと私に温かいお言葉を有難うございます。
本当に本当に嬉しかったですm(__)m
何度も読ませて頂きました。
返信が遅くなって申し訳ございません。

めうめう猫様も編み物好きの猫飼いさんなのでしょうか。
寒い季節に向かいますが、どうぞお健やかに過ごされますように。
この度はコメント有難うございました。

by 蝙蝠猫 (2015-10-16 11:38) 

TOYOKO

こんにちは。
だいぶ御無沙汰をしています。
ときどき、うかがっては大笑いしていたんですけど。

キル君が来た時のことを覚えているので、ちょっとショックでした。
でも、「猫が自分より先に行くのは正しい」というお言葉に、心を打たれました。

そうですね。
命に順番はあるはずなのに、実際にそれを守るのは難しい。
そんななかで、
キル君はちゃんと順番を守って生きました。えらいな。

ご冥福をお祈りします。

by TOYOKO (2015-10-21 11:32) 

蝙蝠猫

【TOYOKO様】

うわぁーご無沙汰しております。お元気ですか?
拙ブログとキルアの事を忘れないでいて下さってありがとうございます。

キルアには15年以上に亘る日々の生活と闘病時の介護を通じて
いろんなことを教わったような気がします。

TOYOKO様は今も惑星トウホクにお住まいでしょうか。
これから寒い季節に向かいますね。
お身体どうぞお大事になさってくださいね。
メッセージありがとうございました。とても嬉しかったです。

by 蝙蝠猫 (2015-10-25 22:37) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。